a

ネーミング開発Webブランディング

ネーミング開発

会社名をはじめ商品名やサービス名を、マーケットやターゲットユーザーに認知してもらい、記憶に留めてもらうためにも「ネーミング」作業そのもは極めて重要なテーマであり、ネーミング次第で"売上が変わる"と言い切ってもよいほど、経営上の重要課題として認識し、取り組む必要があります。

一方で、「これはいいネーミングだ!」と候補が挙がったとしても、それを他社には使用させない独占的な使用権を得るためには「商標権」として出願し登録する必要があります。 特に会社名は起業時に考えるものですが、思い入ればかりが先行して登記まで済ませた後、同様の事業領域に進出している企業が、先に商標権を同一または類似の範囲で登録してしまっていると、後々自社の事業進行の足かせとなってしまいます。

同様に、化粧品やサプリメントをはじめとした、商品ボトルや外装箱(パッケージ)を伴う商品の場合は、ひとたび他社の商標権を侵害しているということになると、商品ボトルや外装箱が使用できず、すべて破棄して再度制作するといったコスト的なダメージを受けることにもなりかねません。

当社のネーミング開発では、先行する同一もしくは類似のネーミングが存在しないかをスクリーニング調査し、さらに海外進出を前提にしたネーミングの場合は、ネイティブチェック(進出予定国における公序良俗に反していないかのチェック)を実施することができます。

"売れる"ネーミング開発により生み出された名称は、貴社のWebマーケティング活動を底上げし、強固なブランドイメージを作り上げてくれます。

貴社が直面している課題に対し、最適なソリューションをご提案致します。

  • 良いネーミングが浮かばない
  • ネーミングに偏りがあり、発想力に欠ける
  • 他社の登録商標と重複・類似していないかが不安

Services

Column

CONTACT