スマートフォンの普及に伴い、ECサイト利用者も年々増加しています。
経済産業省の発表によると、2017年の日本のEC市場は16兆5,000億円を突破し、
前年比109%と大幅に伸長しています。

 

ECサイト(ネットショップ)を開業している企業の中には
Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングのようなモールだけでなく、
自社ECサイトを開設している企業も少なくありません。
そんなECサイトの効果を高めるために欠かせないのが、ランディングページ(LP)の存在です。

 

そこで今回は、ECサイト運営者なら知っておきたい「LP制作の流れ」についてご説明します。

ランディングページ(LP)とは

ランディングページ(LP)とは、ユーザーがサイトを訪問した際に
一番最初にアクセスしたページのことです。

 

正確にはECサイトのトップページや商品詳細ページであっても
ランディングされる可能性がありますが、
一般的にLPといえば、広告等のリンク先に当たるページを指す場合がほとんどです。

 

LPはECサイトや商品・サービスの第一印象を左右するものです。
予算をかけてWebプロモーションを行っても、
LPの質が低いとコンバージョンに繋げることはできません。

ECサイトのLP制作の流れ1: 構成案(ワイヤーフレーム)を作成する

LP制作は、構成案(ワイヤーフレーム)によって全体の流れを決めることから始まります。

 

構成がしっかり決まっていないと、
デザイン着手後に大幅な修正が必要となり、無駄な作業が発生してしまいます。
画像の配置やメインコピーなど、LP全体のイメージを関係者全員で共有しておくことが大切です。

 

ECサイトのLPでは、商品を購入してもらうことがゴールとなります。
LPの効果を高めるために重要なのが、購入ボタンの配置やデザインです。

 

購入導線は多すぎると煩わしいと感じてしまいますし、
少なすぎてもユーザーにストレスを与えてしまいます。
ユーザーの購入意欲を掻き立て、最適なタイミングで購入させるような導線の配置が理想的です。

 

また、ターゲットによっても訴求する内容や話の順序が変わってきます。
構成案を作成する際は、下記のような要素も考慮する必要があります。

  • その商品・サービスを認知している健在層か、認知していない潜在層か
  • 新規ユーザーかリピーターか
  • PCユーザーとスマホユーザーどちらが多いか

 

ページを閲覧したユーザーがスムーズに読み進められるよう、
話の流れを考えながらLP全体の構成を決めていきましょう。

ECサイトのLP制作の流れ2: デザイン案(カンプ)を作成する

構成案で全体の流れが決まったらデザインに着手します。

 

まずはデザイン案(カンプ)を作成し、トンマナやレイアウトなどを固めていきます。
LPに動きをつける場合は、デザイン案の時点で、どこをどのように見せるのか決めておきましょう。

 

ECサイトのLPでは、その商品・サービスならではの魅力を伝え、
「購入したい!」と思わせるためのデザイン性が必要となります。
ブランドサイトやコーポレートサイトと違い、
デザイン性よりも分かりやすさ・使いやすさが重要です。

 

おしゃれなデザイン=売れるデザインというわけではなく、
ECサイトならではの“売るためのデザイン”が求められます。
売れるLPを作るには、商品知識やECサイトの制作経験(ノウハウ)が必要不可欠です。

 

購入ボタンの見せ方や商品特性の伝え方など、
ECサイトだからこそ求められる情報を分かりやすく伝えることが、
LPの効果を最大化するカギとなります。

ECサイトのLP制作の流れ3:コーディング

カンプでデザインが決まったら、いよいよコーディングです。

 

近年、CSSやJavaScriptによって様々な表現が可能となりましたが、
ECサイトのLP制作では、凝った技術は必要ありません。
重要なのは「見せたい情報を確実に見せる」デザインです。

 

ECサイトでは、見出しの見せ方や話のつなぎ方ひとつでLPの効果が変わってきます。
小さな「YES」を積み重ねることが、コンバージョンへとつながります。

 

デザイン性を重視して無駄な動きを付けると、動きの部分に視線が散りやすくなります。
すると目を引きたいコピーなどが埋もれてしまい、
本当に伝えたいことが伝わらず、ただのイメージ広告になってしまいます。

 

ブランドサイトとECサイトは異なるものだということを意識し、
ユーザーが求める情報・こちらが伝えたい情報を確実に伝えるための
デザインを採用することが大切です。

「ECサイト運営者なら知っておきたいLP制作の流れ」まとめ

LP制作の流れを改めて整理すると、

  1. 構成案(ワイヤーフレーム)を作成する
  2. デザイン案(カンプ)を作成する
  3. コーディング

の3ステップです。

 

もちろん、構成案に着手する前には
ターゲットの選定や自社ECサイトの分析、競合分析などが必要となります。

 

商品・サービスを認知させるためのデザインと、“売る”ためのデザインは異なります。
売れるLPを制作するためには、ECサイトに精通したノウハウと経験が必要です。

 

ECサイトだからこそ求められる情報を理解し、より効果的なLPを制作・運用していきましょう。

 

ECサイト制作の詳細はこちら

Written by