webサイトへのアクセス状況を検証する際の指標として、
PV(ページビュー)とユーザーとセッションはWebマーケティングやアクセス解析に頻繁に用いられます。
PV(ページビュー)・セッション・ユーザー数は多いに越したことはありませんが、これらの指標を理解していかなければ

正確なアクセス解析ができません。

そこで今回は、PV(ページビュー)・ユーザー・セッションの違いについて解説します。

 

PV(ページビュー)とは?

PVはページビューと読みます。
サイト内のページが閲覧(表示)された数を指します。

 

例えば、Aというサイトに訪問した場合に、トップ→ページ①→ページ②と閲覧した場合は、
PV数は「3」となります。

 

ユーザーとは?

ユーザー数とは、そのサイトに訪れた人の数を指します。

 

例えば、同じ人があるサイトを1日に3回と訪問した場合、セッション数は3になりますが、ユーザー数は1のままとなります。
ただし、ユーザーは、デバイス(PCやスマホ)の中にあるブラウザ単位でカウントされますので、
ブラウザや違う端末を使った場合は、別のユーザーとしてカウントされます。
同じ人がPCとスマホの両方でサイトに訪問した場合は、ユーザー数は「2」としてカウントされます。

 

セッションとは?

セッションとは、「サイトに訪問してから離脱するまでの一連の流れ」のことを指します。

 

例えば、Aというサイトに訪問した場合に、Aのサイトのページ①とページ②を見た後に、
サイトから離脱したとします。
この「訪問 → ページ閲覧 → 離脱」という一連の流れが「セッション」となります。

 

「セッション」を定義づける3つのルール

セッションは、離脱すればセッションが終了と考えますが、
次の3つのいずれかに該当する場合に、セッションが切れたと判断されます。

 

  1. 行動の間隔が30分を経過した場合
  2. 日付が変わった場合
  3. 参照元が変わった場合

それぞれのルールについて解説いたします。

 

1.行動の間隔が30分を経過した場合

ユーザーが30分間操作を行わないとセッションが切れるとされています。

例えば、ページ① → ページ② → ページ③ → ページ④の順でページを
見ていき、その内の「ページ②を見始めた時間」と「ページ③を見始めた時間」の
間隔が30分を超えていた場合、「ページ①②で1セッション」「ページ③④で1セッション」と
別のセッションと見なされることになります。

2.日付が変わった場合

日付が変わった場合もセッションが切れるとされています。
基本的にアクセス解析ツールは日単位で集計していますので、
日付が変わった0時で一度セッションを切り、日をまたぐデータにならないようにしています。

 

例えば23:30にサイトを訪問し閲覧し続けている場合、0:00からは前のセッションが切れて、
新しいセッションとなります。

 

3.参照元が変わった場合

サイトへ流入してきた経路が変わるとセッションが切れるとされています。

 

サイトAという外部URLからサイトに訪問して、その後すぐに、サイトBという外部URLから訪問した時は、
新しいセッションが開始されます。

 

理解度テスト

「セッション数・ユーザー数・PV数」を理解できたか問題です!
以下の場合の3指標はそれぞれどんな数字になるでしょうか?
※同一人物以外にアクセスした人はいないという想定、月間のアクセスとして考えてみてください。

 

時間 デバイス 閲覧ページ
初めての訪問 1月29日 10:00 スマホ ページ①⇒ ページ②⇒ ページ③
2回目の訪問 1月29日 15:00 スマホ ページ③⇒ ページ①
3回目の訪問 1月30日 10:00 PC ページ②

 

 

正解は・・・
セッション数「3 」ユーザー数「2」 PV数「6」です!

 

3回訪問しているので、セッション数は「3」。
デバイスがスマホとPCの2種類になったのでユーザー数は「2」。
全ての訪問で合計6ページ閲覧しているので、PV数は「6」になります。

 

Googleアナリティクスでセッション数等を確認する方法

サイト全体のセッション数・ユーザー数・PV数の確認方法を説明します。

 

Googleアナリティクスにログインし、
「ユーザー」 → 「概要」(赤枠)の順にクリックします。

 

null
オレンジの枠で囲まれたところが全体の数値となります。

これで、サイトの全体のページビュー数を見ることができます。

 

次に「ページ別訪問数」の確認方法を説明します。

「行動」 → 「サイトコンテンツ」 → 「すべてのページ」の順にクリックします。

オレンジ枠で囲まれたところが「ページ別訪問数」=セッション数を表します。

 

まとめ

今までGoogleアナリティクスを使っていても

「PV(ページビュー)ってなに?セッションやユーザー数と何が違うの?」
と何となく理解していた方も多いのではないでしょうか?

 

これらの指標をしっかりと理解することで、
サイト内の導線改善をして、PV数を増加させる施策や、
セッション数を増加させるためにSEO対策に注力したりとアクセス解析に役立てることができます。

 

PV(ページビュー)・ユーザー・セッションは、

アクセス解析・Webサイト運営における重要な指標のひとつですので、

これらの指標を正確に理解し、アクセス解析・Webサイト運営に役立てていきましょう。

Written by