a

ドメインネームコンサルティングWebブランディング

ドメインネームコンサルティング

ドメインネームは、「http://」などの文字列を含めて「アドレス」や「URL」と呼ばれていますが、厳密にはjpドメインを例に挙げると「●●●●.jp」と表現された「」内の文字列部分をドメインネームと定義しており、その文字列の単位が「登録=権利化」できる文字列となります。

ドメインネームは、個々のサーバーに割り当てられたIPアドレスと呼ばれる数字の羅列をわかりやすく表現するための機能を持ちますが、単にインターネット上のアドレスという役割だけにとどまらず、その文字列が「商標」と同様に「出所表示」・「品質保証」・「広告宣伝」のそれぞれ同等の機能を示す使用のされ方をしています。
つまりは、アドレス表示という目的の域を超えた、重要な営業標識としての役割を果たしていることになります。

それを裏付ける取り組みとして、大手のブランド意識の高い企業では、商標の出願と同時か、それ以前に、候補となるドメインネームの登録を先行させるという取り組みをしています。

ドメインネームは、

  • その文字列自体が顧客に対して強いブランドメッセージとして訴求する。
  • TV 、ラジオ、新聞、雑誌、広告等、様々な情報メディアに露出することで、お客様からのアクセシビリティを向上させる。
  • 唯一無二のドメインネームを権利化して保有することで、独占的利用価値が生まれ、他社との差別化を図ることができる。

など、インターネット時代におけるドメインネームの価値と役割は、今後も変わることはないでしょう。

当社では、ドメインネーム登録における登録範囲(バリエーション)の考え方や、登録しないことで発生しうるリスクについて、具体的な事例を交えながらアドバイスさせていただきます。

貴社が直面している課題に対し、最適なソリューションをご提案致します。

  • 希望するドメインがすでに登録されてしまっている
  • 自社の商標と同じ文字列が第三者によって登録されている
  • .jpや.com、.netなど、どれを登録したら良いのか迷っている

Services

Column

CONTACT