楽天市場の店舗運用をする中で、時間と手間をかけて商品ページの制作をしたのに、
売上が上がらないことはありませんか?

もしかしたらお客様の購買意欲に響かない、
ただ長いだけの商品ページになっているかもしれません!

楽天市場では、似たような商品でもページの完成度だけで売上に大きな差が生じます。

この記事ではたくさんのお客様に購入してもらうための、
商品ページ制作のポイントをご紹介いたします!

1.楽天市場でお客様に響く商品ページとは?

楽天市場では他のECサイトと違い、【長いページ】が好まれる傾向があります。
とは言っても、単にページ内に情報を詰め込み、長くすればいい訳ではありません。

商品ページは【実店舗で接客を受けているような、丁寧で分かりやすい説明】を心がけましょう。

お客様に伝わる!商品ページの構成
▼ついページを見たくなる興味を引く【キャッチ要素】
購入したらどんなメリットがあるか、お客様に幸福な未来を想像させ、
「この商品気になる!」「欲しいかも!」と思ってもらいましょう。

▼お客様の不安・疑問を解決する【ボディ要素】
商品ページを読み進める中で、お客様はたくさんの不安や疑問を感じています。
「本当に使うかな?」
「私に合っているかな?」
「信頼できる店舗かな?」
お客様に安心して購入してもらうために、悩みを解消できるコンテンツを用意しましょう。

▼購入の後押しをする【クロージング要素】
ページを最後まで見てくれた見込み度の高いお客様に、購入の後押しをします。
「欲しいけど、今買わなくていいかな…。」と購入を先送りにされないように、
限定クーポンの配布や、イベントを利用し【今買う理由】を明確にしておきましょう!

2.お客様目線の商品ページにしよう!

売上が高いショップでは、「ルール」に沿ってデザインやレイアウトが設計されています。
お客様が「行動」「課題解決」ができるページにしましょう!

デザインのポイント
  1. デザインルールを守って、すっきり見やすく
    [例]
    ・あれもこれも書かず、文章を詰め込み過ぎない
    ・使用するカラーは3色まで
     (メインカラー、サブカラー、差し色を区別すると分かりやすい)
    ・同じフォントを使用して、統一感を出す
  2. 商品画像やバナーなどは、1画像に3つの情報を載せよう
    「どんな商品か?」「誰に届けたいか?」「どのように重要か?」を記載する。
    情報を詰め込みすぎると、何が重要かお客様が分からなくなり、
    伝わりづらくなってしまいますので注意が必要です!
  3. テキストは少なく!図と写真を使おう
    テキストを書いても、中々読んでもらえないことが多いです。
    「パッと見て分かりやすい」画像を設置しましょう。
    商品単体の画像ではなく、「その商品を使っている人物」を載せることをおすすめします。
    使用イメージが湧きやすく、訴求力が高まります。
  4. スマートフォン表示を見やすくしよう
    [例]
    ・店舗のターゲット層に合わせたフォントサイズにする
    ・ボタンやバナーの大きさをスマホ対応にする
    スマホの普及に伴い、「スマホのみで買い物をする!」とうい方が増えています。
    スマホ表示が見づらければ、すぐに離脱されてしまいます。
    そうならないために【スマートフォンの最適化】をしっかり行いましょう!

まとめ

売上UPに必要な商品ページ制作を、あなたの店舗では運用できていましたか?

少しの工夫で売上が大きく変わる可能性もありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事では商品ページ制作のポイントを一部だけご紹介しました。
ベイクロスマーケティングでは、他にもたくさんの売上UPのノウハウを持ち合わせていますので、
お気軽にご相談ください!

また、ベイクロスマーケティングでは、楽天市場での店長代行を承っております。
売上をあげるために見直すべきすべての業務領域にメスをいれ、
施策提案の他、商品登録、商品画像作成、
店舗構築、イベント対応など、様々な業務の代行も行っています。

売上が伸びなくて悩んでいるなど、
少しでもお困りのことがあればお問い合わせください。

ECサイト運営・店長代行のサービス内容はこちらから

Written by