採用サイトとは文字通り「人材採用を目的としたWebサイト」のことです。

ただし、人材採用を目的としたWebサイトにもいくつか種類があります。

  • 求人媒体
  • 自社のコーポレートサイトの中にある人材採用ページ
  • 自社の人材採用「専用」のWebサイト

 

最後の自社の人材採用専門のWebサイトを「採用サイト」と呼びます。

インターネットが普及した現在は、求職者が業界や企業の比較検討を行う際に、

志望する企業のWebサイトを訪問することが当たり前の時代です。

 

また、昨今では「ブラック企業」に敏感になっている求職者も多く、

より詳しい情報を手に入れたいという欲求が強まっています。

 

企業はコーポレートサイトの内容を充実させるだけでなく、求職者のニーズに合った情報を掲載した採用サイトを制作して、求職者へのアピール力を高める必要があります。

 

コーポレートサイトと分ける理由

 

コーポレートサイトの中に「採用情報」というページがあるのを見かけることはありませんか?

一方で人材採用に特化した「採用サイト」もよく見かけるかと思います。

どちらの方が良いのでしょうか?

 

結論はスバリ「独立した採用専用Webサイトを作る方が良い」です。

理由は簡単で、ターゲットを学生や求職者に絞ることができるからです。

通常、コーポレートサイトは見込み顧客、取引先、従業員の家族などあらゆる「関係者」に向けて作成されています。

そのため、採用のためのメッセージを絞りにくいのが実情です。

 

一方、採用サイトの場合、シンプルに自社の求人に興味を持っている人向けに特化することが可能です。

デザインや掲載するコンテンツなども当然異なってきます。

本格的に採用活動を行う場合は、独立した採用サイトを制作するのが好ましいと言えます。

 

また、弊社の採用サイトでも実践しているのですが、

コーポレートサイトとドメインを分けることをおすすめしています。

専用のドメインを持つことでドメインテーマの一貫性を保つだけでなく、

検索上位にお客様のページを複数表示できます。

新規ドメインの取得やご提案についてもサポートいたします。

 

 

それでは、採用サイト制作には具体的にはどんなメリットがあるのか、解説していきます。

 

採用サイトのメリット

①情報を自由に掲載できる

他社の求人媒体の場合、統一されたデザイン・決められた項目内でしかアピールすることができませんが、

自社の採用サイトの場合、そういった制限がないのが大きな魅力です。

特にデザインや写真から得られる情報は求職者にとっても非常に重要です。

 

会社のカラーやオフィスの風景、一緒に働くことになる社員の写真などを多く活用することで

求職者に「会社のイメージ」を強く与えることができます。

 

求人媒体では、どうしてもデザインは他の会社と統一され、

掲載できるコンテンツも限定的です。(インタビューを掲載する場合は「追加料金」が必要になることも、、)

そういった制約から解放され、自由に自社のアピールができるのが採用サイトのメリットです。

 

とはいえ注意が必要なのが、「見た目」だけでなく「成果」にフォーカスすることです。

綺麗なだけのデザインでは求職者の心をつかむことはできません。

求職者に刺さる情報、無意識に欲している情報に先回りして、

自然に提示することが最も重要です。採用サイト制作にはノウハウが必要なのです。

 

 ②ミスマッチを防ぐ=採用コストの削減

無駄な採用コストを防ぐ意味でも採用サイトは重要な役割を果たします。

 

企業と求職者でミスマッチが起こると、

採用までに費やした時間や労力、求人媒体への掲載料や手数料などのコストが無駄になります。

 

採用サイトは社内の雰囲気や仕事の仕方、社長の人柄や考え方などを掲載することで、

求職者に就職後の姿をイメージさせることができるため、採用後のミスマッチも少なくなります。

このように採用サイトは社風や社内の雰囲気を伝えることで応募者とのミスマッチを減らすフィルターの役割も担っているので、コストを削減できます。

 

求人媒体では「エントリーしようかな」と思っていた人が、

採用サイトを見て「やっぱり違う」となることはマイナスではありません。

会社のカラーや想いを伝えている採用サイトを見てエントリーを諦めてしまう人は、

そもそも「採用に至らない人材」である確率が高いからです。

 

企業側から明確な求める人物像を提示できていないと、

求職者側も企業側が求める人材を理解していない状態で応募してくることになるため、

両者にとって曖昧で実りの少ない採用活動になってしまうでしょう。

 

③ブラッシュアップが可能

また、採用サイトを制作し「分析、検証、改善」というプロセスを繰り返すことで、

どんなキーワードが検索されやすいか、どんな文面だと響くのかが明確となり、

洗練されたサイトに近づけることができます。

つまり、必要な人材をピンポイントで採用できる確率も高まるということです。

 

まとめ

採用サイトのメリットついてご紹介しました。

採用サイトは、活用の仕方によって大きく効果を発揮します。

 

しかし、「とりあえず作った」だけの採用サイトが多いのも事実です。

採用活動を本格的に始めたい、求人媒体掲載だけで上手く成果が出ていない、ミスマッチが多い、

など採用に関するお悩みをお持ちの担当者様はぜひ一度ご相談ください。

Written by