色にはそれぞれイメージがあり、一つ一つの色、もしくは組み合わせによって見る人へ与える印象が変わります。
仮に全く同じデザインであったとしても、配色が異なるだけで見る人が持つイメージは大きく異なってくるでしょう。
そのため、より効果的にユーザーへ訴求するために配色はWebサイトにおいて重要となります。
この記事では色の持つ印象と主にECサイトでどのように活用されているかについてご紹介していきます。

色がユーザーにもたらす印象

情熱・愛・力強さ・パワー・自信・重要性・強調・火・アクティブ

力強いエネルギーを持ち、人の目を引きやすい色です。
セールやキャンペーンなど緊急性が高く目立たせたいときに多く使用されます。
また、赤は購買意欲を高める効果もあるため楽天市場の購入ボタンなどにも用いられています。

黄色

幸福・明るさ・軽さ・明朗・希望・光・フレッシュ・注意

黄色も注意を引く色のため、緊急性の高いものに用いられます。
赤と組み合わせてセールの告知をより強調したり、黒と組み合わせて注意喚起をしたりしています。
一方で明るい印象もあるので子供向けなど親しみやすい印象を持たせたいときにも使用されます。
組み合わせによっては視認性が下がるので注意が必要です。

赤・黄色を使用したバナー

赤と白、アクセントに黄色を組み合わせることで、目に留まりやすく、セールなどを連想させる配色となります。

清潔・純真・純粋・正義・透明感・上品・光・静か・シンプル

ニュートラルで最も取り入れやすい色です。
清潔感、純粋さ、爽やかさを強調したい際も用いられます。
最近では余白を多く使ったデザインが人気となっています。

信頼・誠実・清潔感・落ち着き・集中・静けさ・水

クールで穏やかな印象を持つ色です。
コーポレートカラーなど信頼感を強調したいときにおすすめの色です。
さわやかさを持つ色でもあるので衛生用品に用いられることもあります。
一方で食欲を減退させる色でもあるため飲食系のサイトでは注意が必要です。

白・青を使用したバナー

明るい青と白の配色は清潔感や爽やかさが強調されます。

同じ青でも深い青を組み合わせることで、堅実さや信頼感が増します。

癒し・安心感・優しさ・調和・平穏・リラックス・エコ・自然

草木の緑を連想させることから自然を連想させ、優しい穏やかな印象を持たせます。
ほかにも多くの意味を持っており、さわやかさや安全性、平穏さを印象付けたい場合にも用いられます。
また人の目が最も知覚しやすく、目に優しい色とされています。

茶色

温もり・安心感・安定・温和・穏やか・堅実・素朴・自然

木々や大地など自然を連想させ、温もりや安心感を与える色です。
柔らかいイメージを持つ一方で、堅実さや、伝統、歴史といった印象を強調したい場合にも用いられます。

緑・茶色を使用したバナー

癒し、落ち着きといった印象を与えます。
商品の宣伝に使用した際は、その商品がエコや自然を意識したクリーンな商品であるという印象を持たせます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ご紹介した配色はほんの一部ではありますが、本記事ではとくによく使用される基本的な色を紹介しました。
これから色を決める際など、少しでもお役に立てたら幸いです。

 

Webサイト制作のサービス内容はこちらから

 

自社でデザイン制作ができない、運用まで手が回らないなど、少しでもお悩みがあればお気軽にご相談ください。

Written by