私たちが日ごろGoogleなどで検索した場合に、
検索結果でとんだ先が英語ページだった…なんてことがありますよね。
その時、あなたはどうしますか?
英語が読める?…それでしたら問題ありません。
Google翻訳で翻訳する?…専門用語の多いサイトだと意味不明の翻訳になることも多いですよね。
諦めて別のサイトを探す?…これが一番多いような気がします。

東京オリンピックを前に、ますますグローバル化が進むこの時代、
弊社への制作依頼も最近は多言語化サイトの依頼が増えています。
やはりグローバル対応を視野に入れた企業様ですと、
せっかくサイトに来てもらったのに日本語表示では読めないので離脱してしまう…なんてことも。
その為に多言語サイトの必要性が出てきます。

今回は多言語サイトを制作する際、何をポイントにして制作・検討をするべきかをまとめました。

多言語サイトを作るステップ

最初に

まずは日本語のサイトがあることが前提です。
必要なコンテンツが揃っていて、デザインや動作のベースとしての役割を持ちます。
また、今後どのページが更新作業が発生するか、追加で増えていくコンテンツがあるのか、などが
多言語サイト制作のお見積りにもかかわってきます。
なので、しっかりとした日本語版のサイトをまずは制作してください。

1、対応する言語を決める

一般的にはまず英語、次に中国語…という場合が多いです。
ターゲットとなる訪問者がどこの国からアクセスするのか、
どのような場合にアクセスするのかを分析して言語を決定します。
英語圏の国が多いのでしたら英語は必須ですし、
意外な国からのアクセスが多かった…なんてことがあるかもしれません。

2.対応するコンテンツを決める

多言語サイトに必要なコンテンツは何かを決定します。
例えば、日本語サイトと全く同じレベル・同じ内容のミラーサイトを制作するとします。
その場合、新着情報やブログなどを運営していたら、
そのコンテンツも翻訳する事になり、その更新頻度で必ず翻訳作業が発生しますよね。
すると、運用面でのコストや、対応できるスタッフが社内に居るか、などが関わってきます。
社内での翻訳や、ブログの更新が可能な場合は、
日本語サイトと同レベルのコンテンツ量での制作・運用が検討できます。
対応できるスタッフが少ない、またはあまり予算をかけられない場合は、
本当に必要な情報だけをしっかり掲載した多言語サイトをオススメしています。
更新頻度の少ない基本コンテンツ(会社概要やアクセス情報など)を中心に、
初めてサイトを訪れた方がどんなサイトかがわかるレベルで制作していきます。
その為に、先にしっかりとした日本語サイトがあると精査しやすいという話につながります。

また、画像内に文章が多く入っているサイトの場合、
その画像の文章も翻訳しなくてはなりません。
そして、ほとんどの場合、日本語より英語の方が文字量が増えます。
すると元々の画像サイズでは入らない…という場合も出てきます。
その為、文字量が増えた場合の対応方法も検討しておかなければなりません。

3.社内担当者を決定する

多言語サイトを制作した場合、お問い合わせフォームからはもちろんその言語に、
また電話がかかってきたりする事もあります。
その場合、社内の担当窓口は日本語サイトの制作時と同じで良いのでしょうか?
そのため、英語や中国語でのお問い合わせに対応できる担当者を決定しておくことが大切です。
電話番号やメールフォームの送信先も、言語に合わせた担当者に届くような準備が必要になります。

4.翻訳作業をする

翻訳作業は社内でできます、という場合は問題ありませんが、
翻訳作業を行う際のポイントをいくつかご紹介します。

機械翻訳は使わない

Google翻訳などの機会翻訳で日本語に訳したことがある方はよくわかると思いますが、
機械翻訳で翻訳すると、意味不明な言葉になってしまう場合が多々あります。
地名や人名なども翻訳してしまったり、専門用語は細かく分解されて翻訳されたり…
安価だからといって機械翻訳は使用しないのが一番です。

ネイティブチェックはあるか

翻訳を行っている会社に依頼する際は、必ずネイティブスピーカーのチェックがある会社を選んでください。
自然な言い回しや、文章の質に関わってきます。

専門用語の確認

制作するサイトによっては、その業界特有の専門用語が使われていることがあります。
業界によっては、その業界に特化した翻訳会社がありますが、
その会社特有の用語などはどのように翻訳するかを、あらかじめ社内で検討しておいてください。

ちなみに、弊社では翻訳作業は行っていませんが
各言語に精通したパートナー企業をご紹介できますので、お気軽にお問いあわせください。

5.サイト制作

上記のポイントを押さえて多言語サイトを制作します。
細かいところについても、きちんと多言語化されているかチェックしていきましょう。

多言語化サイトのご相談も承っていますので、
興味がございましたら是非お問い合わせください。

Written by