Webサイトの効果をあげるための施策として、
SEO対策(検索エンジン最適化)が一般的になってきました。
しかし、もうひとつの検索エンジン対策「MEO」については
ご存知ない方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、店舗集客には欠かせない「MEO対策」についてご説明します。

MEO対策(マップ検索エンジン最適化)って?

MEOはMap Engine Optimizationの略で、
Google Mapで上位表示を狙うための施策のことです。

 

例えばGoogleで「渋谷 美容室」と検索した際、
Google Mapの下に3件の店舗情報が表示されていませんか?
このように、Google Mapの中で自社の情報を上位表示させるために行うのが
MEO対策(マップエンジン最適化)です。

 

  • 【SEO対策】Google・Yahoo!の検索結果で上位表示させるためのもの
  • 【MEO対策】Google Mapの検索結果で上位表示させるためのもの

 

SEO対策は自社Webサイトへのアクセス数向上が目的ですが、
MEO対策ではWebサイトだけでなく、実店舗への集客も期待できるのが特徴です。

 

SEOとMEOはロジックが異なるため、
それぞれの対策を行うことが集客率アップのためのカギとなります。

MEO対策のメリット

インターネットが普及した現代では、今いる場所や自宅近くの店舗を探す際、
パソコンやスマートフォンで検索する人がほとんどです。

 

特にスマートフォンにはGPS機能もついていて、
外出先でもすぐに近くの店舗情報を調べることができます。
その検索結果で上位に表示されていれば、当然ユーザーの目に留まる可能性が高くなります。

 

さらに「地名+業種」で検索しているユーザーは確度が高く、
アンマッチが起こりにくいというのもMEO対策のメリットです。
もちろんWebサイトへのリンクも設定できるので、Webサイトのアクセス数向上にもつながります。

 

また、リスティング広告などと違い無料で対策ができるというのも嬉しいポイントです。

MEO対策の始め方は?

MEO対策を行う際にまず行うのが
「Googleマイビジネス」という無料ツールへの登録です。

 

Googleマイビジネスとは、Google検索やGoogle Mapなど
様々なGoogleのサービス上に自社の情報を表示して管理するためのツールです。
住所や営業時間、Webサイトの情報を登録しておくことで、
ユーザーは簡単に貴社の情報に辿りつくことができます。

 

Google Mapでの掲載順位は、
大きくわけて以下の3つの軸で決まっていると言われています。

  1. 検索キーワードとの関連性
  2. 指定された場所(またはユーザーの現在地)からの距離
  3. 知名度

3.の知名度では、Googleでの口コミ数やその評価も判断軸となります。
もちろん評価の高いビジネスの方が、上位に表示されやすくなります。

 

また、TwitterやFacebookなど、Google以外のサイトでの知名度向上も大切です。
ショップカードやクーポンなどを上手に活用して、口コミ投稿を促進していきましょう。

まとめ

今後、スマートフォンやタブレット端末のユーザーは
ますます増加していくと考えられます。
いまのうちにMEO対策を進めておくことで、将来的な集客率アップにつながります。

 

MEO対策の第一歩として、まずはGoogleマイビジネスへの登録から始めてみてください。

Written by Aida