はじめに

デザインを作る時、
皆さんはまず、何からはじめますか?

ターゲットやコンセプトもたいせつですが、
季節ごとのイベント用の制作物などは、
配色からはじめる方が簡単な場合があります。

配色といっても、難しく考える必要はなく、
まずは季節から思い浮かぶワードを連想するだけ。

本日は、そんな「季節」に合わせた配色カラーチャートを、
連想ワードとサンプルを添えてご紹介していきたいと思います。

春の配色


春といえば、やはりでしょうか。
春風、新緑、など、爽やかな言葉が多い季節ですね。
ピンクやライトグリーンをキーカラーにしてて、全体的に明るめのトーンに仕上げると、
ぐっと春らしくやわらかい印象になります。

夏の配色


夏といえば太陽、海、花火でしょうか。
オレンジやイエローなどアクアマリンなど、ビビットカラーやビタミンカラーをつかうと
夏らしく、エネルギッシュな印象をもたせてくれます。

秋の配色


秋といえば、イチョウやもみじの紅葉、でしょうか。
食欲の秋といわれるほど、松茸など食べ物も美味しい季節ですよね。
深みのあるブラウンやマスタードイエロー、モスグリーンなどを使うだけで、
落ち着いた秋の印象を演出することができます。

冬の配色


冬といえば、木枯らし、雪、クリスマスでしょうか。
全体的に寒色なカラーでまとめたり、赤と緑のクリスマスカラーを使うだけで、
冬の印象をもたせてくれます。

まとめ

いかがでしょうか。

本日ご紹介した以外にも、配色には、
基本知識はもちろん、デザインを魅力的にするカラーコーディネートはたくさんあります。

今回は、配色の知識がなくても、
誰でもはじめられる配色の選び方をご紹介しました!
デザインを考える時のインスピレーションのひとつにしていただけたら幸いです。

Written by