楽天市場での店舗運用には欠かせないデータ分析。
しかし、「楽天市場での分析の仕方が分からない…」「商品登録などに追われて時間がない…」と詳細データまでは確認していない運用ご担当者様も多いのではないでしょうか。

楽天市場で売上アップを目指すには、店舗の状況を把握したうえで運用施策を講じることが重要です。
そこで今回は、楽天市場が提供するデータ分析機能「店舗カルテ」を使った簡単なデータ分析方法をご紹介します。

楽天市場の提供する店舗カルテとは

楽天市場でのデータ分析は、運用でも使用する管理ツール「RMS」上で簡単に行うことができます。
RMSにログインすると、左側に「データ分析」というメニューがあります。
店舗カルテはその分析メニューのうちのひとつで、簡単に楽天店の状況を確認することができます。

楽天市場の売上は【アクセス人数×転換率×客単価】という公式によって成り立っています。
店舗カルテのトップページでは、楽天店の当月の売上・アクセス人数・転換率・客単価が一目で分かるようになっています。



また、楽天店の新規/リピーターの割合、売れている商品、参照元も店舗カルテのトップページで確認することができます。
1クリックで前月のデータも閲覧できるので、データを比較しながら売上戦略を立てたり、楽天運用施策の効果検証を行うことも可能です。

楽天市場の店舗運用で売上アップを目指すなら、これらの情報を確認するクセをつけることが大切です。

売上実績・売上件数で状況を把握する

売上実績の分析画面では、集計期間を指定して日別の売上を見ることができます。
前年度との比較機能もあるので、前年度からの楽天店の成長を確認することも可能です。



楽天市場の店舗運用ではセールやイベントへの対応が必要不可欠ですが、その運用施策によってどのように売上が変化したかをきちんと分析しておくことで、次回の楽天市場イベント時に売上を作りやすくなります。

もし楽天店の売上が伸び悩んでいるようであれば、アクセス人数・転換率・客単価それぞれの状況を確認して楽天運用上の課題を見つけ出しましょう。

アクセス人数・転換率・客単価の分析で運用課題を明確にする

楽天市場の店舗運用では、アクセス人数・転換率・客単価が売上を構成する要素となります。
データ分析により課題を明確にすることで、必要な楽天運用施策が見えてきます。
また、運用施策後にも指標を確認して効果検証を行い、今後の楽天運用における改善計画を立てることが大切です。

アクセス人数(客数)

アクセス人数とは、店舗にどれだけのユーザーが訪れたかを数値化したものです。
アクセス人数が課題となっている場合は、RPP広告を始めとする楽天市場の広告出稿や商品名・キャッチコピーの見直し、メルマガ配信などの楽天運用施策が必要となります。

転換率

転換率とは、店舗を訪れた人がどのくらい購入に至ったかを数値化したもので、【売上件数÷アクセス人数(人)】という式で算出できます。
転換率が課題となっている楽天店舗では、商品ページのコンテンツ見直しなどが必要となります。

客単価

客単価とは1注文あたりの購入金額のことで、【店舗全体の売上÷売上件数】という式で算出できます。
客単価が課題となっている楽天店舗では、セット商品の販売やクロスセル・アップセル促進などの楽天運用施策が必要となります。

その他の指標も確認して更なる売上アップを目指す

RMSの店舗カルテでは、売上以外にも「新規/リピーターの割合」「売れている商品」「参照元」を分析することができます。
楽天ユーザーの動きや売れ筋商品を把握しておくことで、更なる売上アップ施策を講じやすくなります。

新規/リピーターの割合

店舗カルテでは、楽天店の購入者の新規/リピーター割合を確認できます。
リピート商材を扱う楽天店舗であれば、リピーターを増やすことも売上アップのために欠かせない条件です。
新規顧客が少ない場合には、楽天内での検索キーワード対策やRPP広告・楽天有料広告メニューへの出稿、リピーターが少ない場合は、サンクスクーポンやメルマガなどの楽天ユーザー育成施策を検討します。

売れ筋商品

売れ筋商品の分析ページでは、新規獲得商品・ジャンル別の売上や成長性を一覧で確認することができます。
売れている商品は各ページからの導線を強化したり、反対に他商品へのリンクを設置したりなど楽天内での売上アップのための運用施策を講じていきましょう。

参照元

参照元とは、ユーザーがどこのページを経由して店舗を訪問したかを確認するものです。
参照元分析では、楽天以外の外部サイトからの流入も計測されています。
デバイスごとにアクセス元の内訳を把握し、傾向によって集客アップのための楽天運用施策を検討します。

まとめ

楽天市場の店舗運用では、データ分析により状況を把握し、根拠に基づいた売上アップ施策を講じることが重要です。
しかしデータ分析は非常に複雑な作業で、楽天運用施策に落とし込むためにはノウハウも必要になります。

ベイクロスマーケティングの楽天運用代行サービスでは、商品登録、ページ制作、データ分析、楽天運用施策の立案・実行、効果検証、改善案の立案など、楽天市場の店舗運用に関するあらゆる作業をサポート可能です。
また楽天市場だけでなく、Amazon・Yahoo!ショッピング・PayPayモール等での出店・店舗運用代行も承ります。

「楽天運用上の課題は見つかったけど、改善方法が分からない…」「施策を考える時間がない…」などという場合には、ぜひお気軽にご相談ください。


ECサイト運営・店長代行サービスの詳細はこちら

Written by