クロスメディアプロモーションとは、
Web・紙媒体・テレビ・交通広告など、複数の媒体を使用して、
1つの商品やサービスを宣伝することです。
相乗効果により、それぞれの媒体の効果を高めることが可能となります。

今回の記事では、Webサイトを中心に置いた
クロスメディア戦略のメリットについてご紹介します。

クロスメディアプロモーションのメリット

媒体の弱みを補完する

商品・サービスを宣伝する媒体には様々な種類があり、それぞれに強み・弱みがあります。

例えば電車の中吊り広告は、多くの人の目に留まるという強みがある一方で、
スペースに限りがあり、充分な情報を伝えることができないというデメリットもあります。

そんな不足情報を補うことができるのが、クロスメディアプロモーションです。

先ほどの電車の中吊り広告の例でいうと、
広告内に「○○で検索」と入れておくことでWebページに誘導し、
より詳細な情報をアピールすることが可能となります。

ユーザーへの接点を広げる

クロスメディアプロモーションは、
複数の媒体の相乗効果を狙って行う場合が多いですが、
色々な媒体を使うことでユーザーへの接点を広げるという効果もあります。

単一媒体の広告だけでは、どうしてもターゲットとなるユーザーが限られてしまいます。
複数のメディアを使用し、多角的にアプローチすることで、
新しいユーザーを発掘できる可能性を高めることができます。

また、チラシで認知向上 → Webで検索 → ECサイトでの購入など、
段階的な顧客育成ができるというのもクロスメディアプロモーションの魅力です。

媒体ごとに効果測定ができる

最終的にWebに誘導するプロモーションであれば、
各媒体の効果計測も簡単に行うことができます。
計測結果を分析することで、次の戦略も立てやすくなります。

PDCAを回しながら、自社の商品に合ったプロモーション方法を探っていくことで、
費用対効果の改善に繋げていきましょう。

クロスメディアプロモーションで大切なのはストーリー

様々なメディアを使ってプロモーションを行う場合、
大切なのはスタートからゴールまでのストーリーを作りこむことです。

  • どのような媒体を使ってユーザーに認知させるか
  • どのように商品の知識を植え付けるか
  • 購入/資料請求などのゴールをどこに設定するか

まずは各媒体の特長を知り、全体のストーリーを考えてみてください。
その後、媒体ごとの具体的な戦略に落とし込んでいきましょう。

Written by Aida