Amazonの売り上げを上げる為に必須な
Amazon広告ですがどんな広告かご存知でしょうか?

自社で広告運用している方も運用代行にお願いしている方も
Amazon広告種類と配信方法くらいは覚えておいた方がいいかもしれません。

Amazon広告の3種類の広告について

Amazon広告には3種類の広告があります。
・スポンサーブランド広告
・スポンサープロダクト広告
・スポンサーディスプレイ広告です。

・スポンサーブランド広告

商品検索結果のトップまたはサイドに表示されます。
スポンサーブランド広告はロゴまたは見出しを活用して、ブランド情報、商品のメッセージを広告訴求に含める事ができます。
既存のユーザーだけではなく潜在層へのお客様へブランド認知を高めながら
商品の販売促進につなげる事が出来ます。

・スポンサープロダクト広告

商品検索結果ページ、商品詳細ページ内などに表示されます。
一番手軽に始められる広告になります。
商品検索結果ページに表示されるので自然にアクセスを獲得できます。

・スポンサーディスプレイ広告

商品詳細ページ内、検索結果広告枠内、トップページに表示されます。
興味関心または商品によってセグメンテーションをおこなうので
潜在層の獲得が可能です。
またAmazon広告で唯一リターゲティングが可能な広告になります。

Amazon広告の2種類の配信方法について

Amazon広告には他のモールにはない広告の出稿方法があります。
それは「任意の商品をセグメンテーションできる」点です。
例えば競合他社の商品ページに広告を出稿することが可能です。

Amazon広告では自社の商品ページの広告枠に競合他社の商品が掲出されることもあります。
新規顧客または他の商品を探していたお客様のアクセスを狙う「オフェンス配信」
自社の商品を守る「ディフェンス配信」の2つの考え方があります。
オフェンス配信は検索結果、他の商品を閲覧しているユーザーへ訴求します。

ディフェンス配信はAmazon広告特有の広告です。
Amazonの仕様上商品ページ内にも広告枠があるので出稿が可能です。
また、商品でセグメンテーションができるので
競合他社の商品ページ内に出稿することも可能です。
この配信方法は自社商品を守るのに非常に有効ですが、KPIの設定が難しいので一部の運用代行会社では配信を勧めないようです。

Amazon広告のシチュエーション別の配信方法

どんな時にどんなAmazon広告を出稿すれば良いのか?
運用代行ではなかなか教えてくれないところだと思います。

①検索キーワードで上部に表示させたい。

Amazon広告の中で一番にアクセスを伸ばす方法です。

同社の商品が複数上位表示されることにより検索結果画面での独占感がでます。
例えば検索結果で上位に1つだけある商品よりも1段目は同型等の商品でまとまっている方が
「この商品売れているのかな?」とユーザーに興味をもってもらえる可能性が高くなります。
この時、有効なのが検索結果表示されるスポンサープロダクト広告が有効です。

②商品ページ内に競合他社の広告が配信されているので止めたい。

Amazonでは商品ページ内の広告と止めるのは不可能です。
そこで競合他社から自社商品を守る必要があります。
そこで自社の商品をセグメントして自社の広告枠に出稿します。
そうすることで他社への流出を防ぐことができます。

Amazon広告では、自社への広告枠への出稿は同じ商品ではなく
出稿する商品のセット商品または類似商品を配信することで
さらにユーザーに対して訴求が可能です。

③ブランド認知度を上げたい。

ここで有効スポンサーブランド広告になります。
Amazon広告では商品検索結果ページ上部にブランドロゴと一緒に3~4商品の商品を掲出または
ストアページにランディングさせることができます。

自社ブランドのロゴと簡単な説明が入れられるためブランドの認知拡大に向いています。

それぞれのターゲットの設定

スポンサープロダクト広告

スポンサーブランド広告には2つのターゲティングが可能です。
キーワードターゲティングと商品ターゲティングです。

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告はキーワードターゲティング、商品ターゲティングのほかに
オートターゲティングが使用可能です。
オートターゲティングはユーザーが入力した検索ワードまたは閲覧している商品詳細ページに情報と
自動的にキャンペーンに紐づいている商品情報に基づきマッチングし、関連性の高い広告を出稿する仕組みです。
他にキーワードターゲティング、商品ターゲティングが可能です。

スポンサーディスプレイ広告

スポンサープロダクト広告は商品ターゲティングとオーディエンスターゲティング
のほかにオートターゲティングが使用可能です。
 
スポンサーディスプレイ広告の特徴がオーディエンスでターゲティングが可能な点です。
オーディエンスではアクセスから○○日以内のユーザー、
購入から○○日以内のユーザーなどリマーケティング広告も配信が可能です。
もし運用代行会社に広告の依頼をしているのでしたらリマーケティングを
する期間も確認しましょう。
商材によってはこの期間によって結果が大きく違う場合があります。

まとめ

スポンサープロダクト広告ではキーワードを利用した広告なので
Googleや楽天の検索広告を使っていた方ならすぐに理解できると思います。

Amazonは、何かを買おうと思ってAmazonへ訪問してきた
購買意向の強いユーザーへのアプローチが可能です
そのユーザーを取り逃がさないためにも
自社の商品ページの広告欄に
競合他社が掲出しないように広告欄を守る必要があります。
そのためには自社商品の商品セグメントをしっかりと設定しておきましょう。

是非Amazonに出品している方はAmazonのメディアの大きさや、広告のコストパフォーマンスをみても効率の良い広告なので
低予算から始めてみるのはいかがでしょうか?

Written by