WEBも「おもてなし」の時代!
ECサイト離脱率改善は実店舗と同じ【声掛け】から

日常生活の中で、今やネットを使った買い物は当たり前!
ですがその一方で、「WEB通販は顔が見えないから不安」という声が、
まだまだあるのも事実です。

いかにお客様に「安心」を届けられるかで、顧客満足度が変わってきます。

では、どうやって「安心」を伝えればいいのでしょうか?
それは、実店舗と同じ接客です。

しかし、実店舗と違うのはお客様のモチベーションが多岐にわたっているという事。
かつては、「興味がなければ、サイト訪問はない」と考えられ、
いかにサイトに根付くか?ファンになってもらうか?が大切でした。

ですが、WEB広告の進化やSNSの普及により、
ウィンドウショッピングのような「迷い込んだお客様」、「関心度が低いお客様」が居るということです。

自ら検索をし、ECサイトに訪れてくれたお客様と、迷い込んだお客様の両方に同じ接客をしても、
顧客満足度は上げにくいでしょう。

これからのWEB接客は、
お客様それぞれに合わせた「おもてなし」が求められます。

おもてなしツール

ここ最近のECサイト構築において、ツールの追加導入が増えています。
おもてなしについても、数多くのツールが存在します。
よくあるのが「おすすめクーポンの表示」と「オペレーターとのチャット」です。

・お客様に、おすすめの商品を紹介し購入をうながす。
・お得な情報を表示して、購入をうながす。
・購入方法がわからない、迷われている方に、相談できるチャットを表示し、購入をうながす。


ツールを導入することで、お客様への【声掛け】が可能になり、離脱を防ぐことができるのです。
最近では、カートシステムと連携しているツールもあり、
ECサイトを構築する上で、大切な要素
になっていることがわかります。

まとめ

おもてなしが大事だということは、わかったけれど…
現状のシステムでは、うまくできない。
また、ツールを導入するにしても
自社ECサイトに一番あった「おもてなし」ツールは何なのか?
チャット機能以外にどんな機能があった方がいいのか?

次のステップに進むためのお悩みがでてくるかと思います。

ツール導入費用はもちろんのこと、
ツールの特徴を自社サイトに合わせて比較分析し、
一番ぴったりなツールを選ぶことで、
効果的なおもてなしができるようになります。

・ツールは入れたいけれど、その手続きが面倒で踏み切れない。
・数が多いからこそ、自社にあったツールを選びきれない。
・費用で選んで、失敗したことがあります。

もし、導入にお悩みならぜひ導入コンサルをご検討ください。

Written by