「ECサイトを立ち上げたものの、運営が面倒」
「もっと効率よくサイト内のコンテンツを更新したい」
「売上を伸ばすためにECサイトをリニューアルしたい」
 
こんな悩みを抱えているECサイト運営者は多いのではないでしょうか。
 
ECサイトの運営には、受注状況や在庫情報の管理、物流・出荷業務、
商品ページの更新、WEBサイトの安定稼働、アクセスログ解析やカスタマーサポートなどの幅広い業務があり、
店長はそれらの業務をすべてコントロールしなくてはなりません。
 
これらの業務をコントロールしながら、
売上を伸ばすための企画・プロモーションを常に考え、実行をしなければなりません。
 
売上を伸ばすためには、店長の豊富な知識とノウハウが不可欠です。
 
これらの悩みを解決するために、
店長代行、運用代行に業務を依頼するネットショップも増えてきています。
「聞いたことはある」という方もいるのではないでしょうか。
 
でも、実際、何をしてくれるのか分からない、
どの企業を選べばいいのか迷ってしまう方のために
店長代行とは何か、企業を選ぶポイントをご紹介していきます。

ECサイトの店長代行とは何か?

聞いたことはあるけど、どのようなことを代行してくれるの?
 
といった方もいるのではないでしょうか。
 
店長代行を頼むメリットは以下が挙げられます。
 
・得意な業務に注力出来るため、作業の効率が上がる
・自社にはない専門知識が活用できる
・運営コストの削減ができる
 
自社の強みと苦手な部分を探り、
苦手な部分は業務委託をすることで、自社の売上を伸ばす近道となります。
 
・販売からお客様対応までを弊社に依頼したい。
・ページ拡充や、イベント時のメルマガ作成などをサーポートして欲しい。
・顧客の動向や解析などを把握し、売上を伸ばす施策を考えて欲しい。
 
運用の悩みは店舗様によって様々です。
 
ECサイトの業務は多岐にわたっており、
企業によって、商品登録・受注管理・ページ作成・在庫等の更新作業・販売促進の提案・メルマガ配信など、
代行してほしい業務は異なってきますので、ご自身のECサイトが「何に困っているか」、
これを見つけ出すのが最大のポイントです。

企業選びのポイント

1.自社の得意分野と苦手分野を把握する

「自社が何に困っているのか」これが最大のポイントです。
 
例えば、商品の仕入れや企画、マーケティングは得意であるし、
自社サイトでの商品は”こだわり”をもって業務を行いたい。
けど、人手が足りなくて、商品登録や受注管理ができない。
 
このような場合は、商品登録や受注管理のバックエンド側の業務を
委託(店長代行)をして、自社の得意分野に注力していくことで、
日々の顧客対応や商品登録に追われることがなくなります。
 

2.自社の出店形態が自社サイト型かモール型か

ECサイトといっても、自社のオンラインショップで運営する「自社型」と
楽天やYahoo、Amazonのような大型モールに出店する「モール型」の
2つがあります。
 
自社型とモール型にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
 
自社型は集客を自ら行い、SEO対策やリスティング広告などで、
「お店を知ってもらう」「商品を知ってもらう」ことが重要です。
またサーバーの管理やシステム業務も発生してきます。

モール型は、集客はモールが行ってくれますが、
多くのショップが出店しているため、商品が埋もれてしまう可能性があります。
そのため、モール内での広告戦略が必要となってきます。
 
どちらも広告等での集客は必要ですが、
ページの作り込みや集客力の高さは「自社型」「モール型」により異なります。
 
どちらのタイプかで、店長代行を頼む業務が異なります。
 

3.どのくらいの予算が掛けられるか

予算によって委託できる業務内容も異なってきます。
委託先の企業によって、報酬タイプも違ってきますので、こちらもポイントになってきます。
 
a.成果報酬型

売上の何%を報酬として支払う変動型の費用体系です。
 
メリット:売上が伸びなかった場合は、支払う金額が少額にとどまる。
デメリット:報酬率が高い場合は、固定報酬型よりも高額になる。
 
こちらはECサイトの規模にとってパーセンテージが違う企業もありますので、
まずはご相談してみるのもいいかと思います。
 
b.固定報酬型

売上に関係なく、期間に応じて一定の固定費を支払う費用体系です。
 
メリット:費用が明確なので、予算が立てやすい
デメリット:売上が伸びない場合でも費用が発生する
 
c.複合型

成果報酬型と固定報酬型を合わせた費用体系です。
上記の費用体系よりは、パーセンテージや固定費は低めに設定されることが多いです。
 
メリット:売上が伸びなかった場合は、固定費のみ支払いで良い
 
デメリット:固定費と報酬額と支払いが増える
 

まとめ

どの店舗にも必ず言えるのは、
初回購入者の満足度を高め、優良なリピート顧客になっていただくためには、
すべてのフェーズで”特別なおもてなし感”を演出することが重要!ということ。
 
運用代行や店長代行サービスは、
貴社で1人を雇う人件費より、はるかに安く運用できるサービスです。
また、スタッフの退職による「引き継ぎ」、「ノウハウの消失」などの心配がなく、
運営リスクの回避にもなります。

Written by