楽天市場に出店しているものの売上が伸びない、サイト集客のノウハウがない、商品ページの作り込みができないなど運用の悩みは多いですよね。売上を伸ばしたいのに細部に手が回らないと悩んでいるEC担当者は少なくありません。

 

・楽天市場の店舗運営は売上アップのために何をしたらよいか

・悩みと課題は明確だけど、何から手をつけていいのかわからない

・社内にリソースがない

 

このような悩みを解決するためには、自社だけでどうにかしようと考えるのではなく、外部にアウトソーシング(業務委託)するということも大切な選択肢の一つです。

今回は、楽天運用代行がしてくれる業務内容や成果を出すためにはどんなポイントで運用代行会社を選べばよいのかについてご紹介していきます。

 

楽天市場の運用代行とは?

楽天市場の運営をアウトソーシング(外注)するということです。

商品登録やページの更新といった部分的な業務から、売上分析や楽天市場内の広告運用などアウトソーシングできる業務は多岐にわたります。

 

楽天市場で売上の最大化を目指すには、ネット検索では得られない知識やスキル、経験が必要です。なぜなら、楽天市場独自のルールがたくさん存在するからです。

例えば、楽天市場は検索対策などのアルゴリズムを明確に公表していません。ですが、運用代行会社は複数の店舗を運営しているからこそ、その時の楽天市場の傾向や検索アルゴリズムにおける知識、ノウハウを持っています。

 

このように、 楽天市場の運用をアウトソーシングすることは、運営の効率化だけではなく自社だけでは知り得ない情報を取得することに繋がります。さらに、実績と経験に基づいた施策にチャレンジすることができ、成果につなげることができるでしょう。

 

楽天市場の運用代行会社に依頼できる業務内容は?

それでは、 実際にどんな業務がアウトソーシングできるのでしょうか。
具体的な業務内容を以下に挙げます。
 
・商品登録
・イベント対応
・ポイント変倍対応
・広告提案、入稿
・競合分析
・レポート作成
・ECC窓口対応
・メルマガ作成、予約
・サイト内導線設計、設置
・同梱物、チラシ対策
・特集ページの制作
・商品ページ制作
 
このように楽天市場の運営に関わる業務のほとんどをアウトソーシングすることができます。運用代行会社によって取り扱う業務内容は異なるので、目的に合った運用代行会社を選びましょう。

 

楽天市場の運用代行会社を選ぶ!成果を出すためのポイント

昨今では、自社のECサイトに加えモール出店へと販路を広げ、勢力を拡大する会社が増えています。単なる価格競争だけではなくブランディングを保ち、いかに効率的な運営ができるかを運用代行会社と一緒に考えていきましょう。きっと売上アップの勝ちパターンを見つけてくれるはずです。

それでは、下記に運用代行会社を選ぶときのポイントを5つご紹介します。

 

ポイント1:楽天市場での運用実績が豊富か

楽天市場の運用代行として実績が豊富か、という点がポイントのひとつです。

会社のホームページなどに開示されている情報を参考に、自社の目的に近い実績があるか確認しましょう。
 
・新規出店の実績があるか

・どのジャンルでの実績があるか(食品、雑貨など)

・売上分析やページ制作、キャンペーン対応が可能か
 
など確認するポイントは複数ありますが、まずは楽天市場の運用実績がどのくらいあるのかを確認することが大切です。

 

ポイント2:自社の目的と運用代行会社の強みが一致しているか

自社が重視する目的と運用代行会社の強みを合致させましょう。

運用代行会社によって得意な工程はそれぞれ異なります。出店サポート、ページデザインの制作、楽天市場内の広告運用など、どの部分を強みとしているのかを確認をしましょう。楽天市場の運営を品質高く安定させたいのであれば、対応範囲の広い会社を選ぶことをおすすめします。

 

ポイント3:自社にあったサービスプランを提案してくれるか

サービスプランをテンプレートで提案する会社は、細やかなサポートが期待できない可能性がありますので要注意です。

一方、自社にあったオーダーメイドプランの提案をしてくれる会社は、実際に依頼したあとも柔軟かつ全力で取り組んでくれる可能性が高いです。売上の最大化を目指すには、自社の目的に寄り添ったプランを提案してくれる運用代行会社の方がおすすめです。

 

ポイント4:サポート業務が充実しているか

サポート業務が充実しているということは、対応できる業務領域が広いということです。

時間を要する細かい作業だけをアウトソースで補填したいいうことであれば問題はありませんが、メルマガ配信だけ、広告運用だけという「点」の対応をアウトソースするだけでは、実際に売上最大化を図ることは難しいでしょう。

対応している業務が売上のどこに作用しているか、全体を理解できている運用代行会社の方が手厚いサポートをすることができます。

 

ポイント5:任せたいと思える相手かどうか

もっとも重要なのは、目的を最大限に叶えてくれるパートナーを選ぶことです。

結局は、人と人のお付き合いになります。一緒に売上をつくっていきたいと思える担当者がいる運用代行会社を選ぶことをおすすめします。

そのためには、問い合わせのレスの速さや電話対応の雰囲気をチェックすることも大切です。

 

まとめ

今回は、楽天運用代行にアウトソーシングできる業務や運用代行会社を選ぶときのポイントについてご紹介してきました。

課題を抱えている場合は自社解決だけが選択肢ではありません。

運用代行会社にアウトソーシングすることで、効率的に売上アップが見込めるようになるかもしれない。そういった選択肢をもち、自社にとってよりよい運営を考えてみてはいかがでしょうか。

ベイクロスマーケティングでは、楽天市場の運用代行をはじめモール・自社ECサイトなど幅広く対応をしております。ぜひお気軽にご相談ください。
ECサイト構築・運用について

Written by