ECサイトの決済方法には様々な種類がありますが、ECサイトを構築する時、どのような決済方法を取り入れるべきでしょうか。
一般的に、インターネットで購入する際の決済方法は、クレジットカード払い、コンビニエンスストアでの支払い、代金引換が多く利用されています。
顧客が欲しい商品がECサイトにあったとしても、顧客の望む決済方法がないとユーザビリティーが低くなってしまいます。
ECサイトを運営するにあたってどのような支払方法を導入すべきでしょうか。

決済方法はどのような種類がある?

顧客によって、求める決済方法は異なります。
また、ECサイトに決済方法を導入するにあたって、導入費用やECサイト構築費用の問題もあります。
これらを踏まえた上で、どの決済方法から導入すべきなのでしょうか。
今回は、導入すべき顧客利用度の高い決済方法を5つご説明します。
それぞれの決済方法のメリット・デメリットを考慮し、各ECサイトに最適な決済方法を選びましょう。

1.クレジットカード

メリット
・顧客自身のクレジットカードのポイントもつくことから、決済方法に選ばれやすく購入につながる。
・現金払いよりも高額の商品を購入する傾向があるため、客単価アップにつながる。
・与信を先に取ることで、決済回収前でも費用未回収リスクが減り、入金確認の手間がかからない。

デメリット
・導入審査が厳しく、時間と費用がかかる。
・不正利用のリスクがある。

2.代金引換(代引き)

メリット
・誰でも利用できるため、クレジットカードを持てない年代の購入者層を取り込める。
・入金後に商品が届かないというトラブルやクレームを回避できる。
・注文受付後に入金を待たずに発送できるため、顧客満足度の向上につながる。
・入金確認の手間が減る。

デメリット
・長期不在や受取拒否の場合は、荷物は返送され、送料は店舗負担になる。
・代金引換が使える金額に上限があり、高額商品の支払いに向かない。※
(※ヤマト運輸、日本通運、西濃運輸は代引き決済の上限金額が30万円。)

3.コンビニ前払い決済

メリット
・顧客にとって身近で使いやすいため、購入の機会が増える。
・個人情報漏洩の観点から、クレジットカードを利用することに抵抗がある人の離脱を防止できる。

デメリット
・システム連携の導入負荷が高く、契約するまでに多くの工数と費用がかかる。
・払込票の作成、同梱や送付、入金確認などの作業が必要となる。

4.後払い決済

メリット
・顧客は商品が届いてからの決済となるので、安心して利用しやすく、新規顧客の獲得につながる。

デメリット
・代金未回収のリスクがある。
・入金管理作業や未払い購入者への催促などの代金回収作業の工数がかかる。

5.銀行振込・郵便振替

メリット
・振込口座を作成後、少ない工数ですぐに導入できる。

デメリット
・振込金額、振込送金人のつき合わせなど、入金の確認作業の工数が増える。

まとめ

ECサイトの決済方法は、できる限り選択肢を増やしておくことをお勧めします。
消費者が望む決済方法を用意することは、顧客満足度やECサイトの売上アップに直結します。
商品の購入者層、金額などを考慮し、決済サービスの導入を見直していきましょう。
弊社ではこのようなECサイト構築のお手伝いもしております。
お困りのことがございましたら、まずは一度ご相談ください。
ECサイト構築のサポート内容についてはこちら

Written by