ECサイトを立ち上げたい。でも、集客が不安だという方には、ECモールへの出店がオススメです。メリットとしては、自社ECサイトを立ち上げるよりも、集客力が高くシステム構築の手間も少ないことが上げられます。
また、楽天市場ではユーザーが楽天ポイントを貯めて、ポイントで商品が購入できたり、セールを頻繁に開催していて、ECモールの中でも会員数が多いです。

 

楽天市場でオープンするには、出店審査とオープン審査(開店審査)を通過する必要があります。
出店審査は、「楽天市場に出店する資格があるか」の審査で、オープン審査は、「オープンできる状態の店舗を構築しているか」の審査です。
全体のおおまかな流れは、下記の図を参考に。今回は、楽天市場で新規店舗をオープンする流れを紹介します。

 

※出典:楽天市場

 

まずは、出店審査を行いましょう!

Webの出店申し込みページに会社概要や取扱商材ジャンルを記入してします。その後、楽天市場から各種書類の提出を案内されます。
楽天市場で店舗構築にあたって、契約内容やお支払い、店舗運営についての独自のルールもありますので、よく確認して出店審査を申し込みましょう。

◆提出が必要な書類

・出店申込書
・審査書類
・取扱い商材の販売に当たって必要な営業許可・資格等の書類
・商材の写真
・登記簿謄本
・住民票、印鑑証明書、実店舗の写真(※個人事業主のみ)

出店審査が下りたら、オープン審査の準備を!

オープン審査では、各種手続きと、ページ作成などの店舗の構築が必須です。
楽天市場の出店審査が下りたら、店舗運営システム「RMS(Rakuten Merchant Server)」の利用権限が付与されます。RMSは、楽天市場でショップの運用、ページの作成、分析を行う際に使用する店舗運営委システムです。

この時点で、楽天市場の利用料が発生しますので、できるだけ早く準備を進めて店舗をオープンさせていきましょう。

◆各種手続き

・楽天市場の口座開設(口座開設まで2~3週間かかります)
・商材審査(商材によって、追加の書類提出、審査が必要です)
・ルール検定(楽天市場で店舗を運営するにあたっての試験です)

 

◆店舗の構築

1.店舗情報を登録
2.決済方法や配送方法を登録
3.商品ページを作成
4.TOPページを作成
5.スマートフォンページを作成

 

商品の登録、支払い方法の設定、店舗全体のデザイン作成など、店舗に合ったECサイトを構築していきます。
楽天市場が公表している審査項目を通過するようにページを作成していきます。カテゴリの登録や商品ページの画像枚数、ナビボタンの設定など細かい規定があるので、仕様書をよく確認してページを作成していきましょう。
楽天市場から配布されているチェックシートを使用すれば、作業漏れも防ぎやすいです。
ページを作成した後に、オープン審査依頼を出し、楽天市場の担当者が確認、審査落ちした箇所を修正、再提出を繰り返して審査に通過したら、無事オープンとなります。

オープン審査と同時に進めるべきこと

オープン審査で確認される商品ページは1ページです。オープンにあたって、他商品のページ作成も進めていきましょう。販売する商品数分の商品ページの作成が必要になります。
販売したい商品数が多く個別での登録に手間がかかる方は、RMSの一括編集機能(CSV登録)を利用すれば、効率的に作業を進められます。(※CSV登録には、別途料金が必要です。)
オープン審査の通過を待っている間に他商品ページに作成も進めていきましょう。商品ページに作成を進めて、実際に購入フローを想定できるようになると、必要な追加コンテンツや文言修正にも気づきやすくなります。

店舗オープン後はどうする?

分析、集客などの施策、顧客対応受注対応を日々行ってECサイトを運営していきます。
施策立案をして計画を立て、実行後、分析、評価を行って改善していくことでより良い店舗をつくっていきましょう。

 

まとめ

楽天市場は会員数の多い、大型のECモールです。楽天市場で新規店舗をオープンするには、出店審査とオープン審査に通ることが必須条件です。ECサイトを構築のための計画を立て、必要な準備を行ったうえで出店を進め、継続的な店舗運営を実現しましょう。

また、楽天市場では、お買い物マラソンや楽天スーパーセールなど、モール全体でのセールが開催されます。店舗独自の施策とモール全体での施策を絡めて運用していくことで、売上アップに繋がります。
とはいえ、新規のECサイト運営で分析や施策を行っていくのは、とても難しいです。

初めてECサイトを運営する場合は、現状の問題点や対応策、改善策を考えるのが困難かと思います。楽天市場での運営では、運営代行を利用するのも手です!
弊社では、店舗の構築だけでなく、運用や店長代行などのお手伝いも行なっております。ぜひ一度ご気軽にご相談ください。

ECサイト構築・運用サービス一覧はこちら

 

Written by